勝地涼

演技が上手な役者さんは恐らく五万と居る。

そういう中で、売れっ子になる役者さんは一体どういう人なんだろう、と考えたら、

それは「運」とかももちろんあるんだろうけど、
何よりきっと、「人柄」っていうのが大きいんじゃないかなと思う。

誰だって、良い人と一緒に仕事をしたいし、
良い人のためなら自分も良い人であろうと思えるし、
良い人が落ち込んでたら必死に励まそうと思えるし、
良い人がスランプに陥ってたら立ち直るまで一緒に待てる。

勝地涼さんを見ていて、
猛烈にそんな風なことを感じた。

年齢はほとんど変わらないんだけど、
本当に素晴らしい人だと思った。

デザインとディレクションとプレゼン

仕事で何かつくるのは何のためにやっていることなのか、ということを考えたら、
これはどうしたって、
誰かにお金を払ってもらうため、
ということになる。

ゴールが同じでも、過程によっては、

・よし、お金を払おう。
・いや、これにはお金は払えない。

という複数の結果が出て来る。

過程が違ってもゴールで得るものは一緒なわけだから、
なんか人を言いくるめてるような複雑な気持ちになるけど、
その過程を「プレゼンだ」と考えれば、しっくり来る。

世の中のほとんどのモノは、
プレゼンで人を納得させた結果うまれて来ている。

誰かにモノを売るのに大事なのは、
嘘をつかないことと、
その商材を自らが素晴らしいと信じていること。

こう考えるとまさに、
デザインやディレクションは、プレゼンと一緒だなと思う。

#知らんけど

尊敬と謙虚

こういう大人にはなりたくない、とか、
こんな人間にはなりたくない、とかって、
思ってても、いつか忘れてしまうんだろうか。

変わらない人間なんていないと思うけど、
良い方向に変わって行くにはどうしたらいいんだろうか。

そのひとつに、
こんな風に「思ったことを書き留めて記録しておく」というのがあるのかも知れない。

人を尊敬する心と、謙虚で居る心を忘れる日なんかが来ようものなら、
わたしは地球から居なくなろうと思う。


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

recent comment

recent trackback

         


ブルース・リー/死亡遊戯 子供用イエロートラックスーツ(半袖半ズボンタイプ3サイズ)


        

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM