ポジティブを導き出すこと

一時期ブログをずっと書いてたことによって、
物事を何らかのかたちに結論付ける能力が身に付いた気がする。

どんな現状があっても、
その先の結果や答えなんて誰にも解らないし、ましてや、その答えはひとつなんてこともない。
自分の考え方次第で、ポジティブにもネガティブにもなる。

ポジティブな結果を望むなら、
ポジティブな結果を必死に導き出せばいい。

相田みつをが「幸せはいつも自分の心が決める」的なことを言っていたけど、
どこか通ずるものがある気がする。

全ては自分次第だなぁと思う。

2013年の総括

2013年は、何の飛躍も無い年だった。

それに加えて、年末には個人的にとても辛いことが起きた。

大きな物を失って、自分の半分がガッポリ抜け落ちたようだった。

正直なところまだ全く立ち直れてないけれど、時間が解決してくれるだろうということはわかっているので、

今は静かに耐え忍ぶしかない。



大きな物は失ったけど、

その分、そこのスペースが空いて、何でも吸収出来る環境が整ったということも事実だ。

目の前の楽しさや夢物語にかまけて疎かにになっていたところを、来年は全身全霊で突き進んで行く。



かつては、大げさでもなく、「人を笑わせるものをつくること」だけを考えて生きて来た。

そんな生き方を取り戻すときが遂に来たような気がする。

そう考えると、ようやく目が覚めた、とも言えるのかも知れない。



いま思えば最近までの自分には、実は違和感もあった。

自分にとって大切なことが2つあるのは、あまり良くないことだと思う。

どちらかが駄目ならもう片方がある、という根拠の無い甘えが、どちらも駄目にすることがある。

両方を、もっと言えば複数のことを全力で出来る人は確かに居るので、そういう人のことは心の底から尊敬する。

でも残念ながら、わたしにはその能力は無いらしい。もしくは、まだ若いからだけなのかも知れない。ただの経験不足なのかも知れない。



でも、嬉しいこともあった。

何の成果も出せず、周囲に諦められているとばかり思っていたけど、

どうやらそうではなかった。



わたしに期待してくれている人、評価してくれる人、つくるものを楽しみにしてくれている人が居た。

くだらないことで笑ってくれる人、親身に話を聴いてくれる人、一緒にいてくれる人、心配してくれる人、大切に思ってくれている人も居た。



そういう人たちをガッカリさせないように、

一生懸命、必死に生きる。



2014年はそういう年にしたい。



追伸:

2013年、ブログを毎日書き続けたことだけは自分を褒めたいと思う。

過去の記事を読み返しているだけで今の自分に突き刺さる言葉がたくさんある。

やっぱりブログ再開しようかな、と思い始めた大晦日。



追伸:

この記事を書き終えた数時間後に急に猛烈に立ち直ったので、今はちょう元気です。

思考の流れを整理してポジティブな答えに導く能力はやっぱりブログで養われたのかな、と思い始めた大晦日。

家族について考えた

家族になると何が変わるんだろう、
ってことを考えた。

それは、大切な人の身に何か起きた時に、
真っ先に連絡が入るか否かだな、と思った。

オフィシャルとはそういうことだ。

数多くある「家族になる意味」のひとつに過ぎないけど。


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

recent comment

recent trackback

         


ブルース・リー/死亡遊戯 子供用イエロートラックスーツ(半袖半ズボンタイプ3サイズ)


        

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM