これはただの恋愛話じゃない

やはりどう考えたって、
愛してくれる人しか愛せないと思う。
人間的な意味でも異性的な意味でも。

愛というのは、
文字通りの「愛」を含めて、
「尊敬」や「評価」や「承認」的な意味も入っている。

愛せないものは一刻も早く手放すべきで、
愛されてないと気づいたら一刻も早く離れるべき。
前者の場合も後者の場合も、どちらも幸せにはなれないと思うので。
少なくとも現段階では、わたしはそう思う。

こう考えると、
相思相愛というのは、
相乗効果というものと比例しているのかも知れない、と思ったりもする。

では相思相愛のスタート地点はどこなのかと言うと、それは、
自分もしくは相手が放ってる魅力的な「何か」、だと思う。
それは「オーラ」であったり、「センス」であったり、あるいは「美貌」であったり、色々だ。

自分もしくは相手が放ってるその「何か」をそのどちらかが無意識に愛することで、
全てが始まる。

そして重要なのは、
愛された側がその愛に気付いた時、
愛してくれてる人も魅力的な「何か」を放っているか否か、ということ。

愛してくれる人が放っている「何か」を愛せて始めて、
相思相愛が成立する。

つまり、
誰かを愛したいなら、まず自分が、
魅力的な「何か」を放つ人間でなければならない、
ということだ。

また月並みな結論になってしまったわけだけど、
とにかく、
「愛されるよりも愛したい」という思考にだけはどうしても共感できない、真剣(マジ)で。

そういうことだ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

recent comment

recent trackback

         


ブルース・リー/死亡遊戯 子供用イエロートラックスーツ(半袖半ズボンタイプ3サイズ)


        

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM