アピールと得意の関係性

つくづく、アピールが苦手だなと思う。
苦手と言うか、無意識に、何においてもアピールしてると思われないようにする傾向がある。

同じような理由で、
小さい頃から男の子とあんまり話さなかったし、
先生と仲良くなりたいとも思わなかった。

慣れない人前でテンションがずっと一定なのも、
声が小さいのも抑揚が無いのも、
ひょっとしたら同じ類の理由なのかも知れない。

記憶には全く無いけど、
なんかトラウマでもあるんだろうか。

でも、
控えめにしていてもうまくハマれば、
目に止めてもらえることがもちろんある。

と言うか、
それが一番「自分の得意なこと」なんだろうなと思う。
アピールせずして、目立ってしまうもの。

自分の得意なことって何だろう、
というのをよく考える。

目立つつもりがなくても人の目に止まってしまうもの・こと、
そういうものが果たして自分にあるんだろうか。

まだそれがよく解らない。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

recent comment

recent trackback

         


ブルース・リー/死亡遊戯 子供用イエロートラックスーツ(半袖半ズボンタイプ3サイズ)


        

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM